Original

無人飛行6千時間のドローン熟練者がドローンの基礎知識と活用方法をレポート

ニュースなどで耳にすることが多くなったドローン。撮影用として、すでにご活用されている方もおられるかと思います。
まだ使用されたことがない方の中には、「ドローン撮影の活用の仕方がわからない」、「どうやって始めたらいいのかわからない」と思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、具体的なドローン撮影の活用シーン紹介をはじめ、ドローンについての基礎知識、ドローンに興味を持ったらまず試してみたい低価格ドローンの紹介など、役立つ情報を紹介&レポートしてみたいと思います。

レポート寄稿者プロフィール

早川写真館(岐阜県) 早川 正文 氏

労働大臣認定 1級写真技能士:経済産業省認定
1級婚礼写真士:岐阜県職業能力開発協会理事
職業訓練指導員(写真科):
写真講座講師、企業向け写真指導経験多数。
2016年映画「鳥の道を越えて」今井友樹監督に空撮担当。作品は科学技術映像祭 内閣総理大臣賞、文化庁映画賞、文化記録映画優秀賞。
ラジコンバギーを10歳からはじめ大会で優勝多数、ラジコン飛行機、ヘリコプターを主体に無人航空機のフライトは17年以上。総飛行時間は6000時間超。

■経営理念
「後世に残る宝を作ります」映像の楽しさと 尊さを伝え続けます

 

ドローンっていったいなに?あらためてその定義から

ニュースで度々見かける飛行物体?でも、実際どんな形のもの?
元々は、自動操縦装置を積んだ飛行物体を総称してドローンと言われています。

飛行機の形をしたもの(米軍のグローバルホークなど)であっても、自動操縦装置がついて、自立して飛行できればドローンの範囲になります。

国土交通省で定めている定義は、

無人航空機の定義(航空法)
飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることが出来るもの(200g未満の重量(機体本体重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)

とあります。
したがって、業務で使えるクラスは200g以上のものがほとんどになります。機体の構造に関してですが、外から見えるモーター、バッテリー、プロペラ等の他に、ドローンを分解してみると、

  • GPS
  • 電子コンパス
  • 加速度センサー

などが搭載されています。各部分をさらに詳しく解説しますと、、

GPSアンテナ

現在は機体に内蔵されています、大型機では、機体上部に配置し正確に機体の位置を把握します。

メインコントローラー

ドローンの中央処理装置です。4cm×8cm程の大きさですが、この装置からドローンの全ての操作を制御します。意外と構造は簡単でシンプルで、ほぼ電子制御担っています。
まず分解調整の必要はありませんので、普段の運用でお目にかかることは少ないですが、ドローンの中身にはこのような部品で構成されています。

ドローンはどんな活用方法があるの?

写真撮影だけにとどまらず、測量、自然調査、運送業など様々な分野への活用が期待されています。また、最近ではそれをベースにしたサービスも登場してきています。

撮影現場での活用例としては、一般的な上空からの撮影はもちろんですが、傾斜地で撮影距離が取れない時など、ドローンでベストな空中からの位置から撮影できます。撮影例をご紹介します。

撮影例1:近距離で撮影

 

 

撮影例2:ドローンで離れて撮影

 

最近では企業向けのPV用画像、中でも屋内の撮影ができるようになり、ステディカムの代わりにもなりますので、映画のワンシーンのような映像が撮影可能です。
山の手の傾斜地に建っている建物、海岸に立っている建物などの撮影には活躍します。

 

ちょっとやってみたいんだけど、現在、手に入る物でどの機種が買い?

10,000円以下のモノ、アマゾンで引いてみましたが、色々ありますね、画質はそこそこですが、触れてみることと、操縦の訓練には使えそうです。

 

練習で使えそうなものでは50,000円程度から。「ハイテックエアーダンサー X350」


 

ドローン操作しながらの撮影について

空中で何も操作しないでホバリングに入ると、その位置にとどまります。
(GPSを受信している状態)落ち着いて操作できます。

 

おすすめの撮影用ドローンメーカー・機種

実際に使えそうなもの、DJI社、「スパーク」もしくは「マビック」がオススメです。

SPARKは2017年5月24日に発表されたばかりの新商品。プロペラは折りたたみ式ですが、とにかく小さく手の平サイズで本体重量は300g。

 


ボディカラー赤:青:緑:黄:白
カメラスペック:焦点距離25mm(35mm判換算)のF2.6広角レンズ、1/2.3インチCMOSセンサー、静止画は1,200万画素。動画HD1080p30f

SPARK(本体のみ):(バッテリー、充電器、本体)65,800円(税込)
SPARK FLY MORE CONBO(上記に、コントローラー、プロペラガード、予備バッテリー、充電ハブ、ショルダーバッグ)91,800円(税込)

 

MAVIC PROは3軸のスタビライザーでカメラを安定化。静止画は1,200万画素、4K動画撮影。最大フライト時間27分、スポーツモードでは最大65kmで飛行可能。

 

   
MAVIC PROアクセサリー類もまとめられたセットで、169.800円。
 

SPARKとMAVIC PROの大きさを比較してみました。

 

次回は「応用編」をお送りします!

無人飛行機と言っても様々な種類があります。やはり、DJIとなるでしょうか・・・

ドローンって何?をテーマにレポートしましたが、まだまだ奥が深くご紹介しきれませんが、次回は、「飛ばしてみよう応用編!!」をテーマにレポートさせて頂きます。

ご覧いただきありがとうございました。

 

ドローン撮影に関すること、何でもお問い合わせください

フォトルプロプラスを運営するナニワ商会では、ドローン製品導入のご相談から、販売までワンストップでご対応が可能です。お気軽にお問い合わせください。

>> お問合せはこちらから <<

 

ドローン関連記事 こちらもどうぞ

ドローンビジネスが気になる方必見!法規制や保険は?体験セミナーレポート

 

 

株式会社ナニワ商会 岡本

株式会社ナニワ商会 岡本

卸事業部 東海営業所 奈良在住。私のモットーは、元気よく挨拶。いつもニコニコ笑顔を絶やさない。 写真、量販となんでも営業しております。悩みがないの?と言われるコトもあったり。

写真館・カメラ業界の方向け情報メルマガ発信中!

写真館・カメラ業界動向や取材での裏話、記事の更新情報をはじめ、メルマガ登録の方限定のお知らせも満載です。
フォトルプロのメルマガ登録をして業界の最新情報を共有しましよう。フォトルプロプラスの最新情報

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ


この内容で送信します。よろしいですか?