Original

ココがすごい!EOS R!

ついにキヤノンから発売開始となりましたミラーレスフルサイズ一眼「EOS R」。既に購入された方も多く、私もお得意先様から実際の感想を聞く機会も増えてきました。今回EOS Rインプレッションセミナー大阪会場にも参加し、私なりにEOS Rの「ココがすごい!」という部分をまとめてみましたので、現在検討中の方に御紹介したいと思います。


EOS Rのココがすごい!

電子ビューファインダー(EVF)がすごい!

ミラーレスになった事で、従来の光学ファインダーから電子ビューファインダーに変わった為、最初は多少の違和感を感じてしまいますが、この電子ビューファインダーが実はすごい!

光学ファインダーでは露出変更はその都度液晶画面で確認していましたが、電子ビューファインダーではファインダー内の映像に設定変更内容が反映される為、ファインダーから目を離すロスが無くなります。特に屋外での撮影では太陽光がまぶしく液晶画面が見づらいという経験をされた方も多いと思いますが、そんなストレスからは解放されます。

また、光学ファインダーでは見えなかった低感度の状況下でも、電子ビューファインダーなら明るく再現できるため、低感度撮影にもチカラを発揮します。


             実際の状況(イメージ)                              ファインダー内の明るさ



コントロールリングが便利!

新しくRレンズに採用されたコントロールリングが非常に便利!

レンズ先端にあるコントロールリングで露出補正が可能な為、今まではボディ側で操作していた作業がRレンズではレンズ側で行えます。また、コントロールリングにも「シャッター速度」「絞り値」「ISO感度」の割り当てが可能な為、例えばボディ側のメインダイヤルに「シャッター速度」、サブダイヤルに「絞り値」、コントロールダイヤルに「ISO感度」を割り当ててやると、ファインダーから目を離さなくてもそれぞれの設定変更が可能という使い方も出来ます。

従来のEFレンズ装着時にもコントロールリング操作が可能な「コントロールリング マウントアダプター EF-EOS R」が別売で出ているのもうれしい対応です。



瞳AFが便利!

某S社のミラーレス一眼で好評な「瞳AF」がEOS Rにも搭載されています。

EOS RのデュアルピクセルCMOS AFは全画素がAFセンサーの役割を持っていて、被写体までの距離を正確にとらえる事が出来るため、AFの正確さはピカイチ!

大口径レンズでのポートレート撮影時に有効で、今までのポートレート撮影でのピントの甘さに苦労されていた方にも大変好評です。

※「ワンショットAF」+「顔+追尾優先AF」+「瞳AF:する」の設定で使用可能となります。



Fvモード(フレキシブルAE)が便利

EOS Rには新しく「Fvモード」が搭載されています。この「Fvモード」とは、シャッタースピード、絞り値、ISO感度をAUTOもしくは任意で設定できるモードです。

従来のシャッター優先、絞り優先モードでは、優先値を変更すれば他の数値は自動で変更されていましたが、このFvモードでは自由に露出変更(Av、Tv、M、ISOオートなど)が可能となります。


EOS Rのココがすごい!とおすすめポイントを御紹介させて頂きましたが、従来のEOS一眼からの切替となると何点か注意が必要なところもありますので、合わせて御紹介します。



EOS Rのココに注意!

シングルスロット

「新商品だからダブルスロットは当たり前!」と考えられている方は注意!

EOS RはSDカード対応のシングルスロットになっています。なぜダブルスロットにしなかったのか疑問が残りますが、逆に言えばシングルでもトラブルの無い安全で安定した書込み状態を維持できる自信の表れなのかも?と私自身勝手な解釈をしています。



Wifi通信速度が従来のEOS機よりも遅い!

Wifi機能を使われない方は特に問題はありませんが、従来の5DMarkⅣや6DMarkⅡに比べ、Wifi通信速度は約3~5倍かかるそうです。また、通信中に通信解除になった場合、自動復旧もされません。

EOS Rには自動転送モードが搭載されていますが、途中中断出来ず、電源OFF時でも転送し続けるためバッテリーの消耗が大きくなります。



シンクロ端子が無い!


ワイヤレスストロボ発光を使用される方も多くなりましたが、シンクロコードを使用される方は注意!EOS Rボディにはシンクロ端子がありません。シンクロコードを使用される場合はシンクロ端子が搭載されている別売りのバッテリーグリップBG-E22が必要となります。

▶バッテリーグリップBG-E22の商品ページはこちら



IS機能付きEFレンズ使用時は注意!

EOS Rはマウントアダプターを使用する事で従来のEFレンズが使用可能ですが、IS機能付きのEFレンズを使用される場合は注意が必要です。撮影時は特に問題はありませんが、ボディからレンズを取り外す際にボディ電源OFF後約2秒後にレンズ側のIS機能にロックがかかる為(Rレンズは電源OFF後すぐの取り外しが可能)すぐにレンズを取り外すとIS機能がロックされない状態になってしまいます。その際にレンズ内で「カチャカチャ」という音がする場合があるそうです。再度ボディに装着し、電源OFF後2秒ほど待ってレンズを取り外せば大丈夫ですが、ロックされていない状況で使い続けるとレンズ故障の原因となり、キヤノン有償修理となる為注意が必要です。


今回御紹介しました「CANON EOS R」。現在購入検討中の方も多いと思います。

ご購入の際は是非「フォトルプロ EOS R」をのぞいてみて下さい。


▶EOS Rの商品ページはこちら!


\\ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ!//

株式会社ナニワ商会 佐藤

株式会社ナニワ商会 佐藤

卸事業部 大阪営業所 岡山県在住ながら、大阪営業所勤務の兵庫県全域担当という、小旅行なみの移動距離を毎日、堪能しています。 嫁1人、子供3人、猫5匹、犬1匹の大家族で賑やかな毎日を過ごしてますが、趣味の釣りに中々行けないのが辛い今日この頃です

写真材料や撮影機材のコストでお悩みではありませんか?

フォトルプロなら、
写真材料・機材を純正品からサードパーティまでプロ価格で取り揃えています。
さらに、2000法人の写真店・撮影業者との繋がりで得た業界情報も無料で配信中

あなたのフォトビジネスのコスト削減に貢献いたします!

写真業界の卸通販サイト「フォトルプロ」とは

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ