Original

サンディスクだけではない!スペックも劣らない 東芝 EXCERIA PROシリーズのご案内

各社からミラーレスの新製品が続々と出て、
カメラの買換えを検討されている方も多いかと思います。

もはや20万前後のボディで当たり前に4K動画が撮れるようになってきている中、古いメモリーカードをそのままお使いではありませんか・・・?

今回は高画素数のRAWデータや4K動画も全く問題ない

東芝 EXCERIA PROシリーズをご紹介させていただきます。


CFカード




ラインナップ:16GB~128GB

最大転送速度:読み出し 160MB/S 書込み 150MB/S


弊社ご注文サイト商品ページはこちら


比較対象となるのは、サンディスクのエクストリームプロシリーズです。

最大転送速度は全く変わりません。


参考までに64GBで比較すると


フォトルプロ 15,500

Amazon   15,856

また1年間のデータ復旧クーポンもついております。



転送速度が大幅に向上! Flash Airカード

ラインナップ:16GB~64GB

最大転送速度:読み出し 90MB/S 書込み 70MB/S


弊社ご注文サイト商品ページはこちら


有村架純さんのCMでおなじみのWi-Fi機能が付いたSDカードです。
昨年の6月に出た新製品から転送スピードが上がっています。

最近出た各社のミラーレス新製品にはカードを購入頂かなくともWi-Fi自体はほぼ搭載されていますよ。

ただ、転送速度があまり早くなく・・。
プロとしては使えないというお声も良くお聞きします。


Flash Airの特集ページに49.4MBを12.6秒で転送する(注意書きあり)と記載がありましたので、1秒あたり3.9MB位の速度でしょうか。

ミラーレスメイン機種の、一番上位のモードのファイルサイズをもとに1画像あたりどの位の速度で転送できるのか、まとめてみました。


EOS R 31.3MB/8.0秒

Z7      45.4MB/11.6秒

Z6      24.3MB/6.2秒

α7Ⅲ   24.0MB/6.2秒

X-H1   ファイルサイズ記載なし


X-H1はファイルサイズの記載がありませんが、画素数から考えると
Z6やα7Ⅲと大きな差はなさそうです。


本来であればカメラに付いているWi-Fiの転送速度と比較したかったのですが各社数値を公表していない為、比較することができません。


画素数2,000万クラスの機種は何とか…という感じですが3,000万オーバーの機種は少し厳しそうですね。


該当機種をお持ちの方は、カメラ本体の性能と是非比較して頂きFlash Airの方が速そうだと思われたら、是非ご購入をご検討下さい!


今回は東芝製のメモリーカードをご紹介させて頂きました!
最後までご覧頂き、ありがとうございました。



>>ご相談もOK!お問い合わせはコチラから!<<

株式会社ナニワ商会 野崎

株式会社ナニワ商会 野崎

卸事業部 福岡営業所 入社7年目、ナニワ商会には当初、量販店担当で入社しました。 担当は、写真屋さん以外にも、量販店や官公庁など色々やっております。 お客様の問題解決ができるご提案をモットーに、日々営業活動に励んでおります。 趣味はスポーツ観戦(サッカー・野球・プロレス)。 名古屋生まれ福岡育ち、名古屋に3歳までしかいなかったのですが、なぜか中日ドラゴンズのファンです。

写真材料や撮影機材のコストでお悩みではありませんか?

フォトルプロなら、
写真材料・機材を純正品からサードパーティまでプロ価格で取り揃えています。
さらに、2000法人の写真店・撮影業者との繋がりで得た業界情報も無料で配信中

あなたのフォトビジネスのコスト削減に貢献いたします!

写真業界の卸通販サイト「フォトルプロ」とは

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ