Original

あなたのスタジオも劇的に変えられる!?最新トレンド "スタジオコンサルティング”とは

6月20日、6月21日に 横浜で開催された写真のプロ向け展示会「PHOTONEXT 2017」。フォトルプロをご利用いただいてる皆様も足を運んでいただけましたでしょうか?

フォトネクストと言えば最新撮影機材やアルバム・フォトブックの展示の場であり、撮影ビジネスの最新のトレンドを肌で感じることができるイベントでもあります。

そんなトレンドの最前線であるPHOTONEXT2017の中でも、ひときわ注目されていたものは何か?

それが「スタジオコンサルティング」です。

バック紙のスタジオから多ポーズ多ショット対応の立体スタジオへ。それに合わせた撮影技術・ライティングの指導はもちろん、お店の接客に関するアドバイス・・・などなど。

コンサルティングの内容は各社様々であり、多岐に渡りますが、

フォーマルな撮影をするこれまでの写真館から、よりカジュアルなスタジオへの転換」が共通した流れのようです

今回はそんなトレンドの最前線、「スタジオコンサルティング」関連のサービスについて、PHOTONEXT2017のブースの様子を交えながらご紹介していきたいと思います。

1.ラボネットワーク様「Re:studio」

このスタジオコンサルティングという耳馴染みのないジャンル、

皆様にとっては、ラボネットワーク様が今年3月にリリースした新サービス「Re:studio」が記憶に新しいのではないでしょうか。

 

香川県のアケボノスタジオの伊藤彰氏がアートディレクターとなり、スタジオのリフォームから販促まで全体をプロデュースするサービスです。

敷居の低いところでは、フォトロジ様を使った衣装販売があり、その延長線としてスタジオの全面改装リノベーションを提案されるようです。

 

大人の事情(お察しください…)でお話などを伺うことはできなかったのですが、広さや知名度もあり、フォトネクスト会場でもブースから人が途切れることがなく、反響も大きいようでした。

2.キャラット様「Photo Studio Styling」

Re:studioと同様にスタジオコンサルティングの提案でを集めていたのが、「キャラット」様。スタジオキャラット様といえば、全国で22店舗展開する大手子供写真館。

フォトネクスト2日目のセンターステージでの、佐野隆之社長の講演が大盛況でした。


そんなキャラット様もブースではフォトスタジオのコンサルティング事業「Photo Studio Styling」を提案されていました。

キャラット様のPhoto Studio Stylingの最大の特徴は、工事不要のスタジオスタイリングのメニューがある点です。

実際に設置されていたセット例がこちら。

英字の本がスクラップブックのように壁一面に広げられた”非日常”の空間であるにも関わらず、造花の絶妙な取り合わせやアンティーク調の家具がマッチしていて、違和感なく受け止めることができます。

一見しただけで、確かな世界観と知識を持った方がデザインされたと分かりますよね。

しかもこのスタジオセット、よくみると大がかりなものではなく小物中心に集めて「スタイリング」されたものになってるんです。
(筆者の写真が悪いため少し伝わりにくいかもしれませんが・・・)

よって、工事が不要で一日程度で完成してしまうそうです。

なるほど、スタジオの改装といえば、工事に期間がかかり営業できなくなるイメージがありますが、これなら最低限で済んでしまいます。定期的に模様替えもできそうですね。

また、作り付けのデザインを売るわけではなく、現地調査の上でひとつひとつのお店に合わせたデザインを起こしてくれるのだとか。

交通費など諸経費を除けば、ラフデザインまでは無料で御見積いただけるので、改装という心理的なハードルが低くなる感じがしますよね。

もちろん、ブランディングや店舗デザインといったゼロからの依頼から、スタッフトレーニング、衣装の買い付けまでの全体的なプロデュースもできるそうです。

多店舗展開で蓄積したキャラット様の知名度・ノウハウがあるからこそ、撮影ビジネスに参入される異業種の方からのご相談も多いのではないでしょうか。

 

3.(株)エミュLab/PhotoStudioDesign

神戸を中心に6店舗、それも各店舗の売上が全て1億円を超えているスタジオエミュ。

10万円を超えるアルバムでも販売できる秘訣は、お客様に「感動=エミュ」を売っているからに他なりません。

そんなスタジオエミュのデザインアルバムや店舗経営ノウハウを提供するのが、エミュLab/PhotoStudioDesign(以下、エミュ様)です。


エミュ様の強みは、なんといってもその豊富なコンサルティング実績とそのクリティカルな問題解決方針にあります。

既に多くのスタジオがエミュ様にご相談されているのが分かりますよね。

大規模なスタジオリノベーションだけでなく、店舗の見学や研修といったところからノウハウを学べるのもエミュ様の強みです。

そうして写真館・スタジオ様を多数手掛けてきたからこそ、エミュ様のウェブサイト(http://emulab.jp/psi/)では、「従来の写真館」が陥りがちな「過去のスタイル」が挙げられています。

具体的に「どのような問題があるのか」「どのようにスタジオを変えていくのか」の疑問がはっきりと提起されていて、その答えをエミュ様が持っていることも伝わってきます。

 

また、スタジオのデザインやワークフローの提案だけではなく、エミュ様では自社ラボ「emu Lab.」によるデザインアルバム制作もされています。

この「emu Lab.」では簡単な写真修正からアルバムレイアウトまで全般をエミュ様にお任せできる上、商品自体は実際にエミュ様で販売されていたアルバムになります。

アルバムはお客様からお金を頂戴するための、最も大切な要素のひとつですし、他社と差別化できるポイントでもあります。

スタジオデザインからアルバムまで、一貫してお任せできるのは大きなメリットですよね。

 

4.では、なぜ、今、「スタジオコンサルティング」が増えているのか。

ではなぜ、スタジオコンサルティングの提案が増えているのでしょうか?

最大の理由は「お客さんが求める撮影が変化しているから」ではないでしょうか。


フォトルプロでは以前、ロケーション撮影のマッチングサービスに関する記事で、「自然体の写真を撮りたいニーズ」についてご紹介させていただきました。
(参考:http://728oroshi.jp/article/101

従来の写真館の「型物」の写真は、現在の消費者にとっては、「形式的・フォーマル」すぎるからこそ、ロケーション撮影の自然体な写真と非日常的な体験が求められているのではないか、という記事でした。

これらのマッチングサービス普及の背景には、スマホの普及によって消費者が手軽に写真を撮り、SNSにシェアする流れがあり、その中で消費者が「いいね!」と感じる写真が変わってきている潮流があります。

これは各社のスタジオコンサルティングが提案する撮影方法にも通じる流れであると言えます。

スタジオ撮影においても、「自然体の写真」が求められているのではないでしょうか。

「立体スタジオを提案している」というよりも、その根底にある「自然な笑顔の写真」の需要に対応するために、立体スタジオが必要になってるのでしょう。

立体で作り込まれたスタジオの中で、他ポーズ多ショットの撮影をし、撮影体験そのものを製本されたアルバムとして提案する。

そしてそのためには、高単価になりがちなアルバムを購入してもらえるだけの接客技術が必要になってくる。

だからこそ、単純にスタジオをリノベーションするだけでは意味が無い。

よって、接客や撮影技術の相談も含めた「コンサルティング」を各社が提案しているのではないでしょうか。

 

5.ナニワソリューションセミナーでスタジオの最前線を知ろう

ここまで読んで頂いた方ならば、スタジオ撮影の変化の象徴としての「スタジオコンサルティング」について、ご理解いただけたと思います。

そして、今年のナニワソリューションセミナーでは、「スタジオエミュ」の代表取締役 、河田年弘様をお招きして、講演いただきます!

『"写真"ではなく"感動"を売るためのスタジオ作り』

講師: 河田 年弘 (株)エミュ(兵庫県)

参加費:¥5,000

<大阪会場>

日時: 2017年8月8日(火) 15:00~16:30

場所: 大阪天満橋OMMビル1F グラン101

<東京会場>

日時:2017年8月24日 15:30~17:00

場所:東京都千代田区神田泉町1-3-13 OMG PARTNERSビル 貸会議室


今回の河田様のセミナーは、今まさに新しい撮影手法を模索している、今までのスタジオを脱却したい皆様に、ぜひとも聞いていただきたい内容です。

「これからも現在のやり方を続けますか?

それとも…いまの時代にあった写真スタジオに

生まれ変わってみますか?」

http://emulab.jp/psi/

本文でも述べた通り、河田様は既に数多くのスタジオのコンサルティングを手掛けており、近年のスタジオ写真の変化をいち早くとらえて、明確な問題提起をされています。

例えば、上記のエミュ様のウェブサイトでは「バック紙からの脱却」をはじめとして、数多くの課題が挙げられています。

先述の消費者ニーズの変化だけではなく、カメラマンを取り巻く環境も変化しています。

フイルムからデジタル一眼レフに代わり、フォトグラファーが自由に動き回って撮影できる。その場でお客様に写真をチェックしてもらえる。

そんな、今の時代に合わせて、

「スタジオ経営者はどのように自身を変えていかなければならないのか?」

「どのようにお店を変えていくのか?」

1時間30分の濃密なセミナーということもあり、正直5000円が「安い!」と感じられるような内容になるかと思います。

すでにたくさんのご予約・お問合せを頂戴しております。

大阪会場は定員も間近のため、お早目のお申し込みを何卒よろしくお願いします!

>> 大阪セミナーの詳しい内容はこちらから <<

 

大阪だけでなく、関東・東海・中四国・九州でもセミナー開催いたします。

下記ページにて、各会場のセミナー内容を詳しくご紹介していますので、ぜひご確認下さい。

>> 全国のフォトルプロセミナー詳細はこちらから <<

 

 

株式会社ナニワ商会 小笹(コザサ)

株式会社ナニワ商会 小笹(コザサ)

卸事業部 大阪営業所 愛機のOLYMPUSを片手に、大阪エリアで営業する入社一年目です。 業界について勉強中の身ですが、皆さんのビジネスに、ご参考となる記事を書ければと思います。 おはようからおやすみまで、スマホを手放せない末期のネット依存患者です。 ライフワークは音楽制作と読書。ギターと村上春樹を語らせると手がつけられなくなります。

写真館・カメラ業界の方向け情報メルマガ発信中!

写真館・カメラ業界動向や取材での裏話、記事の更新情報をはじめ、メルマガ登録の方限定のお知らせも満載です。
フォトルプロのメルマガ登録をして業界の最新情報を共有しましよう。フォトルプロプラスの最新情報

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ


この内容で送信します。よろしいですか?