写真館で話題の新製品!ゴドックス モノブロックストロボ AD600-TTL

 

 

2016年6月に行われたフォトネクストの会場ではストロボメーカー各社のブースに人だかりができていました。その中でもプロフォト、ニッシン等は立ち見客もかなり多く、大盛況だったように感じます。今回のブログではタイトルの通り、最近注目を集めているゴドックスの新製品 AD-600をご紹介させて頂きたいと思います。

「ゴドックスって何?」という方のために メーカーのご紹介

ゴドックスとは、中国の深セン市にあるストロボメーカーです。
英語だと「GODOX」というつづりになり、GOD(神)OX(牛)を組み合わせた造語のようです。国内では、KPI(ケンコー・プロフェッショナル・イメージング)が正規代理店になっております。人気のためアマゾンやヤフオクなどで安い価格で出回っていますが、その多くは並行輸入品です。何かあった時のために、国内の正規代理店ルートで購入されることをおススメ致します。

 

 

高機能で低価格!ゴドックス AD600-TTLのご紹介

 

AD600-TTLはキヤノンE-TTL II、ニコンi-TTLのどちらにも対応しており最大出力600W(ガイドナンバー87)、フル発光回数は500回(フル充電時)で専用の送受信機を使えばコードレスでも使えることができます。


そんなハイスペックなのにも関わらず、価格はリーズナブルです!

プロフォトB1を2台買ってもお釣りが来ます。
その他の主な特徴として、以下のような機能が挙げられます。

・ラジオスレーブ対応
・ワイヤレス調光対応(※Godox Xシステムトリガー使用時)
・ハイスピードシンクロ対応(最大1/8000)

周辺のアクセサリーも充実しております。

 

また、AD360や180のアクセサリーも一部そのまま使えることができます。
 

既にゴドックス製品をお持ちの方は初期投資を抑えることができますね。
詳しくは総合カタログのPDFデータがございますのでそちらでご確認下さい。

 

▼Godoxカタログダウンロードフォーム
 

動画でもわかやすく紹介


ゴドックスのモノブロックストロボ新製品 AD600-TTLについてご紹介させて頂きました!皆様のご参考になればと思い、このストロボを使った作例集のようなものがないか探してみましたが、残念ながら参考になるようなものはありませんでした。


ただやはり海外メーカーらしく、YouTubeの公式チャンネルは充実しておりました。
URL添付致しますので、お暇な時にでもご覧頂ければと思います。

公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCceuo1ZdHsxegsoa4Hgn55g

スヌート(上の画像の筒状のもの)の使い方紹介
https://www.youtube.com/watch?v=FxrLZCVsClQ

 

フォトルプロでも取扱いしています!

(ゴドックス) GODOX WITSTRO AD600-TTLバッテリーフラッシュキット GX[日本正規版]

こちらの記事もオススメです!

▼低価格&ハイスペックで話題のストロボ、ゴドックス「V860II」のご紹介

▼ダブル・エディションが語る 短時間セッティングを可能にした「Profoto B2」の魅力

▼「倒れない一脚」で一眼撮影が超ラクに!バカ売れしているリーベック「HFMP」紹介


株式会社ナニワ商会 野崎

株式会社ナニワ商会 野崎

卸事業部 福岡営業所 入社6年目、ナニワ商会には当初、量販店担当で入社しました。 担当は、写真屋さん以外にも、量販店や官公庁など色々やっております。 お客様の問題解決ができるご提案をモットーに、日々営業活動に励んでおります。 趣味はスポーツ観戦(サッカー・野球・プロレス)。 名古屋生まれ福岡育ち、名古屋に3歳までしかいなかったのですが、なぜか中日ドラゴンズのファンです。

写真館・カメラ業界の方向け情報メルマガ発信中!

写真館・カメラ業界動向や取材での裏話、記事の更新情報をはじめ、メルマガ登録の方限定のお知らせも満載です。
フォトルプロのメルマガ登録をして業界の最新情報を共有しましよう。フォトルプロプラスの最新情報

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ


この内容で送信します。よろしいですか?